Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、10月のトップ10ウイルスを発表

ソフォスは、2004年10月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同発表によれば、報告されたウイルスの割合が最も高いのはNetsky-Pで35.2%、次いでZafi-Bの28.0%となっており、他を圧倒している。新しいウイルスは、Bagle-Zipが10位に入っているだけで、両ウイルスの優位性は変わらず、特にZafi-Bは6月の発生から9月までが1位と、5カ月連続で上位を独占している。

同社では、両ウイルスがすでに広い範囲で蔓延しているため、新しいウイルスが対抗できないのではないか、と分析している。3位以下は、Netsky-D(7.0%)、Netsky-Z(5.8%)、Bagle-AA(4.4%)となっている。

同社では、10月だけで1131の新規ウイルスを検知、駆除している。また同社の統計によれば、10月に使用されたメールのうち4.6%以上がウイルスメールだという。 以前と比較してみると、7月には9%以上がウイルスメールだったので、減少傾向にあることがわかる。

(Security NEXT - 2004/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か