Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地震および台風により破損したデータの無償復旧サービス

データ復旧センターは、新潟県中越地震および台風23号によって被害を受けたデータの、無償復旧サービスを開始した。11月25日12時まで受け付けている。

同サービスは、地震による振動被害と台風による水没被害を受けたデータを対象にしており、台風23号の場合は和歌山県、京都府、兵庫県、福岡県、新潟県の5府県を、新潟中越地震は新潟県のみを適応範囲としている。

同社サイトから申し込み書をダウンロードし、必要事項とともに、空白部分に「台風被害」または「地震被害」と記入する。

同社では、受け付けたすべてのデータが復旧できるとは限らないこと、またアダルトなど公序良俗に反するデータは断る場合があることなどの諸事情について、理解を求めている。

(Security NEXT - 2004/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性
日本郵便に不正アクセス - 約4000件の不正メール
北朝鮮関与の複数マルウェア、米政府が分析情報
「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
県立高校で個人情報含む教務手帳が所在不明 - 岐阜県
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害