Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機、中小規模向け暗号化サーバシステムを発売

三菱電機は、利用端末数300以下の中小規模システム向け暗号化サーバシステム「CRYPTOFILE SERVER」を発売した。

同製品は、個人情報保護対策システム用ソフトウェアを予め組み込んだアプライアンスサーバ。クライアントPCで使用するファイル暗号化ソフトウェア「CRYPTOFILE PLUS」や、USBメモリなどによるデータ持ち出しを管理するデバイス制御ソフトウェア「CRYPTOFILE LOCK」と組み合せることで、個人情報保護対策に必要な機能を提供する。

ユーザー情報やアクセス権限情報を管理する統合的なディレクトリサービスや、ユーザー認証機能およびアクセス制御機能を提供する。また、サーバ上の情報を自動的に暗号化して管理し、フォルダごとにアクセス権限を設定することもできる。

価格は98万円。同製品の製造および販売は、三菱電機インフォメーションシステムズが行う。

(Security NEXT - 2004/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か