Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、新ワーム「W32/Buchon.gen@MM」に注意

マカフィーは、新ワーム「W32/Buchon.gen@MM」についての情報を公開し、注意を呼びかけている。

同ワームは、ローカルシステム内で収集したメールアドレスに自身を送信する、大量メール送信型ウイルス。配達不能メールを装ったメッセージで、添付ファイルを開かせようとするものもある。ネットワーク共有上での感染はないという。

同ワームは、発見された当初はNetskyの新しい亜種とされていたが、分析の結果、違うものであることが判明した。そのため同社では、当初「W32/Netsky.ah@MM」としていた名前を変更した。

同社では危険度を「低」としているが、「要注意」として注意を喚起している。

(Security NEXT - 2004/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ