Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地震の影響による通信設備の状況を発表 - NTTドコモ

NTTドコモは、新潟県で発生した地震の影響により、小千谷市を中心とした中越地方の一部において、停電などのため、携帯電話が利用できない状況が発生していると発表した。

ドコモの携帯電話がご利用できない地域は、長岡市、小千谷市、十日町市、栃尾市、塩沢町、小国町、堀之内町、川西町、三島町、与板町、山古志村、川口町の一部地域の33局。

また、長岡市、小千谷市のごく一部の地域において、11時45分より50%の発信規制を行っており、利用しづらくなっている。

auも同様に被災地域において利用できない地域や利用しづらい地域が発生していると発表している。

両社は、停電した基地局への移動電源車の配備するなど、復旧作業を進めているとしている。

NTTドコモでは、安否状態などの確認などに利用できる「iモード災害用伝言板サービス」の運営を開始している。PHSやパソコンからメッセージを確認できる。アクセスはこちらから。

(Security NEXT - 2004/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収