Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、情報漏洩の兆候を通知するセキュリティサービスを提供

富士通は、企業を対象に、個人データの安全管理措置をトータルに支援する「個人情報保護対策サービス」の提供を開始した。

同サービスは、「簡易評価診断サービス」、「導入支援サービス」および「運用サービス」から構成されている。中でも「運用サービス」では、顧客システム内における情報漏洩の兆候を遠隔監視し、不審な挙動の発生を管理者に通知するサービスが含提供される。これにより同社では、漏洩事故の発生を最小限に止めることが可能だとしている。

また「導入支援サービス」では、同社のセキュリティ技術をベースに、生体認証、暗号化ツール、データコピー防止ツール、入退室管理などを用いた個人情報保護対策システムの構築を短期間で行う。

無償で提供される「簡易評価診断サービス」以外の価格は、個別見積もりとなっている。なお、「運用サービス」の提供は2005年2月から。

(Security NEXT - 2004/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か