Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EコマースサイトやWebアプリが標的 - シマンテックセキュリティレポート

シマンテックは、「インターネットセキュリティ脅威レポート」の最新版を発表した。同レポートは、2004 年1月から 6 月までのインターネット攻撃、脆弱性、および悪意のあるプログラムの活動の傾向を分析したもの。年2 回報告される同レポートの発行は、今回で6 回目となる。

レポートによれば、業界でもっとも攻撃の対象となっているのはE コマースサイトで、昨年下半期の4%から4倍の約16%へ大幅に割合が増加している。同社では背景にスパイウェアやフィッシング詐欺の出現を理由に挙げている。

ウェブアプリについても攻撃の拡大が見られたほか、脆弱性の公表から悪意あるプログラムが登場するまでの時間短縮を指摘、悪意のあるプログラム出現までの期間は平均わずか 5.8 日だという。また、botnetによる踏み台攻撃の急増が増加したことなどを指摘している。

(Security NEXT - 2004/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず