Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EコマースサイトやWebアプリが標的 - シマンテックセキュリティレポート

シマンテックは、「インターネットセキュリティ脅威レポート」の最新版を発表した。同レポートは、2004 年1月から 6 月までのインターネット攻撃、脆弱性、および悪意のあるプログラムの活動の傾向を分析したもの。年2 回報告される同レポートの発行は、今回で6 回目となる。

レポートによれば、業界でもっとも攻撃の対象となっているのはE コマースサイトで、昨年下半期の4%から4倍の約16%へ大幅に割合が増加している。同社では背景にスパイウェアやフィッシング詐欺の出現を理由に挙げている。

ウェブアプリについても攻撃の拡大が見られたほか、脆弱性の公表から悪意あるプログラムが登場するまでの時間短縮を指摘、悪意のあるプログラム出現までの期間は平均わずか 5.8 日だという。また、botnetによる踏み台攻撃の急増が増加したことなどを指摘している。

(Security NEXT - 2004/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か