Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、検疫ネットワークを実現するアプライアンスを発売

ソリトンシステムズは、検疫ネットワークを実現するブリッジ型アクセス制御アプライアンス「Net’Attest Security Filter Ver1.2」を、11月10日より発売する。

同製品は、未認証ユーザーのネットワークアクセスを遮断するアプライアンス。認証ゲートウェイとして動作し、未認証ユーザーからのパケットを遮断することにより、不特定ユーザーからネットワークを保護する。

また、ネットワークに接続したPCが、アンチウイルスソフトのパターンファイルやOSのセキュリティパッチに未対応か、或いはウイルスに感染している危険性のある場合はネットワークに接続させず、治療用サーバにアクセスさせるといった、検疫ネットワークの実現も可能。

同時発売のソフトウェア「Net’Attest Policy Server」を導入すれば、複数のFilterを一元管理することもできる。価格は、ファーストイーサ版が35万4000円、ギガイーサ版が155万4000円から。「Net’Attest Policy Server」 は80万円から。

(Security NEXT - 2004/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か