Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、検疫ネットワークを実現するアプライアンスを発売

ソリトンシステムズは、検疫ネットワークを実現するブリッジ型アクセス制御アプライアンス「Net’Attest Security Filter Ver1.2」を、11月10日より発売する。

同製品は、未認証ユーザーのネットワークアクセスを遮断するアプライアンス。認証ゲートウェイとして動作し、未認証ユーザーからのパケットを遮断することにより、不特定ユーザーからネットワークを保護する。

また、ネットワークに接続したPCが、アンチウイルスソフトのパターンファイルやOSのセキュリティパッチに未対応か、或いはウイルスに感染している危険性のある場合はネットワークに接続させず、治療用サーバにアクセスさせるといった、検疫ネットワークの実現も可能。

同時発売のソフトウェア「Net’Attest Policy Server」を導入すれば、複数のFilterを一元管理することもできる。価格は、ファーストイーサ版が35万4000円、ギガイーサ版が155万4000円から。「Net’Attest Policy Server」 は80万円から。

(Security NEXT - 2004/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収