Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性関連情報に関する届出状況を公表

情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、2004年第3四半期の脆弱性関連情報届出状況をとりまとめた。

IPAでは、2004年7月8日より脆弱性関連情報の届け出の受け付けを開始し、JPCERT/CC は日本国内の製品開発者などの関連組織との調整を行った。

ソフトウエア製品の脆弱性については、19件の届出のうち、3件について製品開発者による対策が完了し、公表されました。このうちの1件は、JPCERT/CCが海外CSIRT と連携し、海外の製品開発者も含めて調整をしたもの。ウェブアプリケーションの脆弱性については、73件の届出のうち、10件について修正が完了しているという。

(Security NEXT - 2004/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか
紙相撲の駒に個人情報、不注意で - 児童向けデイサービス
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
仮想環境管理ツール「vROps」に権限昇格の脆弱性
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
ピクサー製レンダリングソフトに脆弱性 - アップデートがリリース
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も