Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、交換機の不具合により通話料金を過大請求

NTTドコモは、movaの「ビジネスプラン」利用者の一部に、通話料金を過大に請求していたことが判明したと発表した。誤請求が1年以上続いていた可能性もあるという。

今回の事象は、「ビジネスプラン」利用者が日付をまたいで連続4時間以上通話を行なうと、1通話あたり最大30円の過大な通話料金が請求されてしまう場合があるというもの。原因は、交換機のソフトウェア不具合だという。

誤請求の発生は2003年10月1日以降で、ソフトウェアの改善時期は2005年3月ごろの予定だという。そのため同社では、2004年9月から改善が済むまでの間に同事象が発生した利用者に対しては、請求書を修正した上で個別に連絡するとしている。

また、それ以前の過大請求分については、2004年10月請求分から減算して返還する。利用記録のない期間に、同社の推計以上に過大請求額があったとする利用者へは、自己申告により、利用状況を確認のうえ返金するという。

(Security NEXT - 2004/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず