Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プロトン、Linuxをベースとした統合型セキュリティソフトを発売

プロトンは、Linuxを採用した統合型セキュリティサーバソフト「Astaro Security Linux」を発売した。価格は、「Astaro Security Linux V4 Base License(10IP)」で6万2400円。Base Licenseは、1年間の基本システム更新権を含む基本ライセンス。

同製品は、ファイアウォールを中心に、VPN、コンテンツフィルタリング、アンチウィルス、アンチスパム、URLフィルタリング機能を備えた。

セキュアオペレーティングシステムとして強化されたLinuxを採用しており、Linux OSとセキュリティアプリケーションのすべてを収録した1枚のCD-ROMからインストールが可能。サーバの設定やソフトウェアのアップデートもブラウザから行えるため、Linuxのコマンドに関する知識がなくても利用できる。

また同社では、ネットワーク規模に応じたライセンスを用意しているため、SOHOから中小規模のシステム、さらには官公庁や大企業システムまで幅広く使えるとしている。

(Security NEXT - 2004/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論
金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
「情報処理安全確保支援士会」が設立 - 会員募集をまもなく開始
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
「Chrome 77.0.3865.120」がリリース - 重要度「高」の脆弱性5件を修正
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
セキュ分野のキャリアパスグランドデザインで資料 - JNSA
効果的な情報共有について議論する国際シンポ - 11月に開催