Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プロトン、Linuxをベースとした統合型セキュリティソフトを発売

プロトンは、Linuxを採用した統合型セキュリティサーバソフト「Astaro Security Linux」を発売した。価格は、「Astaro Security Linux V4 Base License(10IP)」で6万2400円。Base Licenseは、1年間の基本システム更新権を含む基本ライセンス。

同製品は、ファイアウォールを中心に、VPN、コンテンツフィルタリング、アンチウィルス、アンチスパム、URLフィルタリング機能を備えた。

セキュアオペレーティングシステムとして強化されたLinuxを採用しており、Linux OSとセキュリティアプリケーションのすべてを収録した1枚のCD-ROMからインストールが可能。サーバの設定やソフトウェアのアップデートもブラウザから行えるため、Linuxのコマンドに関する知識がなくても利用できる。

また同社では、ネットワーク規模に応じたライセンスを用意しているため、SOHOから中小規模のシステム、さらには官公庁や大企業システムまで幅広く使えるとしている。

(Security NEXT - 2004/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区
なりすまし仮会員登録、約7時間に約29万件 - サンドラッグ
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
安全以前に「安さ」へ目が行くホリデーシーズン
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装