Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PDAにもアンチウイルスソフトを - シマンテックが投入

シマンテックは、PDA向けアンチウイルスソフト「Symantec AntiVirus for Handhelds Corporate Edition 3.3」を、10月14日より発売する。企業向け製品で、価格は1ユーザーあたり4900円(10から24ライセンスの場合)。

同製品は、デスクトップPCとの同期作業を必要としない常駐型のアンチウイルスソフトウェア。Palm OSやWindows Mobileを搭載したPDAで利用できる。

モバイル端末管理システムによって、管理者は最初のインストール時に、デスクトップPCとの同期作業をせずにインストール用のファイルを転送することができる。また、同システムを通じてソフトウェア設定をリモートから変更、ロックし、その設定ファイルを機器に送ることができる。

さらに、更新された定義ファイルを同システムにダウンロードして、それを個々のモバイル機器に送ることができる。今回発売される新バージョンでは、定義ファイルをWireless LiveUpdateで、社内サーバから取得できるようになった。

(Security NEXT - 2004/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
「livedoor ID」に対して大規模な不正ログイン試行
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起