Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PDAにもアンチウイルスソフトを - シマンテックが投入

シマンテックは、PDA向けアンチウイルスソフト「Symantec AntiVirus for Handhelds Corporate Edition 3.3」を、10月14日より発売する。企業向け製品で、価格は1ユーザーあたり4900円(10から24ライセンスの場合)。

同製品は、デスクトップPCとの同期作業を必要としない常駐型のアンチウイルスソフトウェア。Palm OSやWindows Mobileを搭載したPDAで利用できる。

モバイル端末管理システムによって、管理者は最初のインストール時に、デスクトップPCとの同期作業をせずにインストール用のファイルを転送することができる。また、同システムを通じてソフトウェア設定をリモートから変更、ロックし、その設定ファイルを機器に送ることができる。

さらに、更新された定義ファイルを同システムにダウンロードして、それを個々のモバイル機器に送ることができる。今回発売される新バージョンでは、定義ファイルをWireless LiveUpdateで、社内サーバから取得できるようになった。

(Security NEXT - 2004/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想環境管理ツール「vROps」に権限昇格の脆弱性
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
ピクサー製レンダリングソフトに脆弱性 - アップデートがリリース
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
1月に「個人情報保護法シンポジウム」が都内で開催
Apple、「iOS 12.1.2」をリリース - CVE番号付与された脆弱性の修正は含まず