Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、企業セキュリティガバナンス研究会の議事要旨を公開

経済産業省は、9月1日に開催された「 第1回企業における情報セキュリティガバナンスのあり方に関する研究会」の議事要旨を公開した。

同研究会は、企業のセキュリティ関連役員や、研究者、弁護士など専門家によるもの。「情報セキュリティ対策の投資効果の算出は難しく、むしろ、情報セキュリティ対策については、企業の社会貢献であるCSR の一環としてとらえるべき」といった意見や「外部不経済が存在するのであれば、米国企業改革法にある内部統制の開示義務のような法的手段も検討の範囲に入れるべき」など積極的に議論が交わされた。

(Security NEXT - 2004/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず
「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ