Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「秘文AE」の新シリーズはPDCAサイクルに対応

日立ソフトウェアエンジニアリングは、「秘文Advanced Edition Ver.07」を発表、2004年11月より販売開始する。

現行の「秘文AEシリーズ」は、セキュリティの運用を重視していたのに対し、今回の製品では、ポリシー策定「Plan」、セキュリティの実行「Do」、セキュリティ対策状況の把握「Check」、セキュリティ対策の見直し「Action」といったマネジメントサイクルへ対応。各フェーズ向けコンポーネントを用意した。

ポリシー策定向け製品である「秘文AE Secure Inspector」では、社内のソフトウェア資産の状況を把握できる。また、違反端末への警告、強制排除などにも対応した。「秘文AE PortDiscovery」により、ハードウェア接続状況を確認できる。そのほか、ログの集中管理や、不正接続などを監視するコンポーネントなど、各フェーズで活用できる。

(Security NEXT - 2004/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース