Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西日本および東日本、交換機の不具合による誤着信が発生

NTT西日本およびNTT東日本は、交換機の不具合により、一部音声通話に誤着信が発生したと発表、お詫びを掲載した。

今回の障害は、交換機の不具合により、ある特定の状況下において、ISDNサービスからダイヤルされた電話番号が、本来の着信先とは異なる電話番号に接続されてしまうというもの。

同様の事象は、2003年11月から2004年7月の間に、大阪エリアで13件確認されている。しかし両社では、それ以前に、またほかの地域においても発生していた可能性があるとしており、発生件数の把握はできていないという。

両社によれば、対策用プログラムを全交換機に投入してから、同様の不具合は確認されていないという。また、利用者からの問い合わせ窓口を設けて説明とお詫びをするとともに、今回の障害が原因で通話料金が発生している場合には、料金返還について個別に対応するとしている。

(Security NEXT - 2004/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で成績一覧表をプロジェクターで投影 - 岐阜県
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
「AI/IoTシステムのための安全性シンポジウム」が都内で開催
小学校で2クラス分の「緊急時引き渡しカード」を紛失 - 静岡市
文書開示請求で原本を誤交付、テープでマスキング - 愛知県
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「Visual Studio Code」に権限昇格の脆弱性 - 修正を実施
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例