Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オレオレ詐欺の裏にプリペイド携帯電話の影

警察庁の調査により、オレオレ詐欺で用いられる電話の9割以上がプリペイド式携帯電話であることが明らかになった。

架空請求などにも同様に7割近く用いられている。プリペイド式携帯電話は、犯罪へ利用されることが多く、携帯電話会社も本人確認の実施などを進めているが、購入者と実際の利用者が異なるなど問題が指摘されている。

(Security NEXT - 2004/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自治体向けクラウド基盤で障害 - 9日の復旧目指す
「HPE SAS SSD」が約3年9カ月で障害、データ回復不能に - 早急に更新を
Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
象印通販サイトで情報流出 - 情報盗む改ざん決済画面への誘導メールも
レンサバ事業者装うフィッシングに注意 - 偽管理ツールに誘導
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀医科大病院
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」