Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OfficeシリーズのWordPerfectコンバータに脆弱性

マイクロソフトは、OfficeのWordPerfectコンバータに脆弱性があると発表、更新プログラムを公開した。

同社によれば、悪質な情報を含んだWordPerfect文書をメールやウェブ上で受け取って開くと、コンピュータ上に悪意あるユーザー用のアカウントが作成されたり、メールや写真などの読み取り、および削除などが行われる可能性があるという。

同社では脆弱性の深刻度を「重要」としており、Officeの更新プログラムを早急に適用するよう求めている。

(Security NEXT - 2004/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

5件のセキュリティ修正含む「Chrome 83.0.4103.97」が公開 - iOS版でも脆弱性に対処
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
メール誤送信で大阪府港湾協会会員のメアド流出 - 大阪府
4月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
事務用品通販サイトの顧客情報流出 - クレカ流出件数を修正
一部ネットワーク機器に「DDoS攻撃」や「アクセス制御回避」の脆弱性
原子力規制庁でメール誤送信 - 在宅勤務職員の個人メアド誤り第三者へ
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」