Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

URLフィルタリングの認知度は低いと判明 - ネットスター

ネットスターは、家庭でインターネットを利用している子供を持つ保護者を対象に「家庭におけるインターネット利用実態調査」を実施、結果を発表した。

同調査は、8月9日および10日にウェブアンケート方式で行なわれた。調査対象は、家庭でインターネットを利用している小中学生の子供を持つ20代から40代までの保護者。有効回答数は519件だった。

同調査によると、閲覧できるウェブサイトを制限できるURLフィルタリングの導入率は10%程度。利用しない理由も「よくわからない」「初めて聞いた」が合計55.9%と、認知度自体の低さがわかる。また、「親にとっても不自由になりそう(59.4%)」など、フィルタリング技術に対する不信感も高かった。

また親は、子供のインターネット利用について「新しいことを学んで欲しい(94%)」と、学びのツールととらえている。対して子供の利用実態は「アニメやゲームのキャラクターに関するサイト」「オンラインゲームサイト」が上位に並んでいる。同社では、親の期待と子供の実態にはギャップがあると分析している。

(Security NEXT - 2004/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行