Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井不動産販売、顧客のメールアドレスを漏洩

三井不動産販売は9月3日、顧客161名へ案内メールを送信する際、操作ミスによりメールアドレスを漏洩したと発表した。

同社は神奈川県下で販売代理店を務めており、今回のアドレス漏洩事故は、新築マンションに関する案内をメールで送信する際に発生した。人為的ミスにより、本来は「ブラインドカーボンコピー(BCC)」で送信すべきところを、「カーボンコピー(CC)」で送信してしまったという。メールアドレス以外の個人情報は、記載されていなかった。

同社では、配信対象者全員にお詫びのメールを送信するとともに、第三者への流出防止のために誤送信メールの削除を依頼した。また再発防止策として、情報配信については、送信誤操作のないシステム配信に統一し、手動操作による配信ができない環境に変更するとしている。

(Security NEXT - 2004/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消