Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティの普及啓発のための取り組み - 経済産業省

経済産業省は、企業向けに「情報セキュリティセミナー」を、一般利用者向けに「インターネット安全教室」を、2004年10月から2005年2月にかけて全国各地で開催する。いずれも参加費は無料。

同セミナーは、情報システムを利用する企業向けに情報セキュリティに関する最新の情報や対策についての理解を広げることを目的としたもの。

2日間で構成され、1日目の概要コースでは、情報セキュリティ対策の意味や情報リスクの考え方などを、2日目の詳細コースでは、具体的な事例や対応策などについて講じられる。

一方、安全教室は広くインターネット利用者を対象としており、情報犯罪に対する正しい理解を広め、初心者でも安全快適にインターネットを楽しめるように啓発することを目的としている。

ビデオやテキストによる解説が中心となる。また、希望者は体験学習によって、インターネットを利用する際の注意点や被害にあわないための操作方法などを学習できる。

(Security NEXT - 2004/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず