Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、8月のウイルス、不正アクセス届出状況を発表

情報処理推進機構(IPA)は、8月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況をまとめ、発表した。

同レポートによれば、8月のウイルス届出件数は5091件となり、6月以来、再び5000件を突破した。「W32/Netsky」の被害報告は、1431件の届出が寄せられ、6カ月連続でワースト1となった。続いて、「W32/Bagle」が502件、新しい亜種の出現した「W32/Mydoom」が496件となっている。

不正アクセスの届出件数は60件で、7月の45件から約33.3%の増加となった。そのうち被害届出件数は11件。内訳は、侵入8件、メールアドレス詐称2件、不正プログラムダウンロード被害1件だった。

(Security NEXT - 2004/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区
なりすまし仮会員登録、約7時間に約29万件 - サンドラッグ
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
安全以前に「安さ」へ目が行くホリデーシーズン
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装