Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクル、登録会員約1265名のアドレスを誤操作で漏洩

日本オラクルは、9月1日、登録会員約1265名に配信したセミナーの案内メールにおいて、全員のアドレスが表示された状態で送信されたことを明らかにした。

同メールは、同社のソフトウェアを試用するための取組み「Collaboration SuiteTEST DRIVE」への登録会員1265名宛てに送られたもの。宛先が表示されたまま一斉送信されたため、メールアドレスが登録会員間で判別できるという事態が発生した。

原因は、担当者によるメール配信時における操作上の不注意だという。同社では、電子メール配信プロセスの周知徹底を行うなど、厳重な注意をもって改善に努めるとしている。

(Security NEXT - 2004/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応