Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2007年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - 富士キメラ総研

富士キメラ総研は、「2004 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」をまとめた。セキュリティサービス市場は、2007年には1兆円を超えると予測している。

同資料は、ネットワークセキュリティ製品およびサービスのマーケットと、ネットワークセキュリティビジネス参入企業を対象としており、当該ビジネスの将来性や方向性を明確にすることを目的としている。

同資料によれば、セキュリティサービス市場の規模は、2003年は4981億円だったが、2007年には1兆1095億円と、1兆円を突破するという。

近年は、検査サービスのニーズがスポットから定期的なニーズへ移行していること、すでに整備してあるセキュリティポリシーの監査に対する需要が増加傾向にあるという。また、セキュリティに関する教育、トレーニングの実施も増加している。同資料は、これらの分野が引き続きセキュリティサービス市場を牽引していくと指摘している。

(Security NEXT - 2004/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
セブン銀行利用者狙うスミッシング - 「口座を一時停止」と不安煽る手口
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表