Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、個人情報の保護に関する条例の制定状況を公表

総務省は、2004年4月1日現在における個人情報の保護に関する条例の制定状況についてまとめた資料を公表した。制定している団体数は、年々増加している。

資料によれば、条例を制定している団体数は、都道府県および市区町村全3170団体中、2612団体で、前年度の2413団体から199団体増加している。制定率は82.4%で、前年度と比べて8.4ポイント増加している。

都道府県、政令指定都市および特別区はすべて制定済み。市区町村は、全3123団体中2565団体、82.1%が制定済みだという。また、1部事務組合などにおいても、158団体が個人情報保護に関する条例を制定している。

資料によれば、2003年5月に成立、公布された、個人情報の保護に関する法律などの趣旨を踏まえた規定内容の制定、見直しが進んでいるという。

(Security NEXT - 2004/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン