Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、個人情報の保護に関する条例の制定状況を公表

総務省は、2004年4月1日現在における個人情報の保護に関する条例の制定状況についてまとめた資料を公表した。制定している団体数は、年々増加している。

資料によれば、条例を制定している団体数は、都道府県および市区町村全3170団体中、2612団体で、前年度の2413団体から199団体増加している。制定率は82.4%で、前年度と比べて8.4ポイント増加している。

都道府県、政令指定都市および特別区はすべて制定済み。市区町村は、全3123団体中2565団体、82.1%が制定済みだという。また、1部事務組合などにおいても、158団体が個人情報保護に関する条例を制定している。

資料によれば、2003年5月に成立、公布された、個人情報の保護に関する法律などの趣旨を踏まえた規定内容の制定、見直しが進んでいるという。

(Security NEXT - 2004/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
洋菓子通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会
登録セキスペ制度が一部改正 - 3年更新を必須に
都議会議員メルアカが乗っ取り被害 - スパムの踏み台に
「Chrome 79」では深刻な脆弱性2件含む51件の修正を実施
KeyWe製スマートロックに深刻な脆弱性 - 更新未対応で修正できず
口座情報含む資料をファックスで誤送信 - JA高知県
PR TIMESで障害、プレスリリース9本配信できず
みずほ銀装うフィッシング - クリスマスキャンペーン画像まで盗用