Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、内部情報漏洩対策に有効なログ収集ソフト発売

ソリトンシステムズは、社内のパソコンの操作を記録し、解析するソフトウェア「InfoTrace V1.2」を発売する。

同製品は、社内の機密情報にアクセスした端末やユーザーの情報を記録し、管理できるソフトウェア。操作状況を常に把握でき、内部からの情報漏洩を抑止することが可能。また、万一漏洩が発覚した場合、迅速な原因究明を実現する。

操作内容の詳細な検索が行えるほか、クリックで簡単にトレースする機能を実装。また、名前変更後のファイルが持ち出されているログなどから、親ファイル名を逆追跡する「バックトレース」機能が新しく加わった。

価格は、LogServerとTraceBrowserを各1ライセンス含んだ「Info Trace基本パック」が96万円。「Info Trace WindowsAgent」は3000円。

(Security NEXT - 2004/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も