Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソースネクストとNRIセキュアがセキュリティソフトを共同開発 - PCの安全を監視

ソースネクストとNRIセキュアテクノロジーズは、Windows OSやブラウザ、メールのセキュリティ設定などを自動監視するソフト「セキュリティアドバイザー2005」を共同で開発した。9月17日に発売予定で価格は1980円。

同製品は、Windows修正プログラムの適用状況やウイルス対策ソフトの設定状態をチェックするソフトウェア。Outlook Express、Internet Explorer、Officeのバージョンや各種設定状態など、監視することができる。また起動のたびに、安全度を信号色で項目ごとに表示する。

チェック結果はグラフィカルに表示され、問題があればその場で適正な状態に修正ができる。

(Security NEXT - 2004/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート