Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソースネクストとNRIセキュアがセキュリティソフトを共同開発 - PCの安全を監視

ソースネクストとNRIセキュアテクノロジーズは、Windows OSやブラウザ、メールのセキュリティ設定などを自動監視するソフト「セキュリティアドバイザー2005」を共同で開発した。9月17日に発売予定で価格は1980円。

同製品は、Windows修正プログラムの適用状況やウイルス対策ソフトの設定状態をチェックするソフトウェア。Outlook Express、Internet Explorer、Officeのバージョンや各種設定状態など、監視することができる。また起動のたびに、安全度を信号色で項目ごとに表示する。

チェック結果はグラフィカルに表示され、問題があればその場で適正な状態に修正ができる。

(Security NEXT - 2004/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション