Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CA、セキュリティ製品のWindows XP SP2への対応を発表

コンピュータ・アソシエイツは、同社のセキュリティ製品をWindows XP SP2へ対応させたと発表した。

同社によれば、8月27日より出荷される「eTrust Antivirus r7.1日本語版」は、Windows XP SP2で機能拡張されている「Windowsセキュリティセンター」のアンチウイルス自動認識機能に対応。ユーザーのセキュリティ対策を最新の状態に維持するという。

また、既存製品である「eTrust InoculateIT 6.0」および「eTrust Antivirus v7.0」についても、同様に対応することを表明している。

(Security NEXT - 2004/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加