Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、「ASP版Webフィルタリングサービス」提供開始

大塚商会は、あらゆるIPS環境で利用できる法人向け「ASP版Webフィルタリングサービス」の提供を開始すると発表した。

同サービスは、デジタルアーツの法人向けサービス「i-フィルター Active Edition」を活用したもの。低コストでWebフィルタリングを実現し、企業における私的インターネット利用による生産性低下やネットワーク帯域の圧迫を防ぐことができる。

また同社では、情報漏洩や、企業にとって不要なサイト閲覧によるPCクラッキングおよびウイルス感染の防止にも有効だとしている。

初期費用は1万円。月額費用は、総契約ID数によって変わる。パソコン1台につき1IDが必要。最低申込みID数は5IDから。

(Security NEXT - 2004/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意