Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ディーシーカードの個人情報漏洩は47万人分?

ディーシーカードは、同社顧客47万人分の個人情報が外部へ流出した可能性があると発表した。

同社は、7月初旬に同社顧客リスト34名分が外部に流出したことを明らかにしていたが、その後社内調査を進めた結果、最大47万7959件が流出している可能性があると判明したという。

漏洩した個人情報には、氏名、性別、生年月日、郵便番号、住所。電話番号のほか、カード番号、利用金額が含まれている可能性があるという。同社では、カード有効期限や信用状況、決済口座番号については含まれていないとしている。

同社では、架空請求などの注意を呼びかけるとともに、セキュリティ対策としてあらたなカードをユーザーへ送付するとしている。

(Security NEXT - 2004/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高
初心者向けに脆弱性対策セミナーを開催 - IPA
知人からのメール装い感染狙うランサムウェア「Mailto」に注意
「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
駐輪場で個人情報含む書類を紛失 - 大阪市
不正アクセスでスパムの踏み台に - 山梨県の文化施設
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加