Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス活動の70%は1人の青年による犯行

ソフォスは、2004年上半期におけるウイルス活動の70%は、1人のドイツ人青年により引き起こされたとする報告を発表した。

同レポートでは、18歳の男性が、Netsky とSasser ワームを作成したことを自白したと報告している。2004年6月末までに同社へ報告されたウイルス活動のほぼ50%が、これらウイルスによるものだった。さらに、数種類の Netsky ワームの亜種もくわえると、総活動は70%以上になるという。

青年 はすでに逮捕されているが、ウイルスの蔓延は続いている。同社では、仲間の大学生数名が、ウイルスの作成、配布を援助した疑いで告発される可能性があるとしている。

(Security NEXT - 2004/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT