Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス活動の70%は1人の青年による犯行

ソフォスは、2004年上半期におけるウイルス活動の70%は、1人のドイツ人青年により引き起こされたとする報告を発表した。

同レポートでは、18歳の男性が、Netsky とSasser ワームを作成したことを自白したと報告している。2004年6月末までに同社へ報告されたウイルス活動のほぼ50%が、これらウイルスによるものだった。さらに、数種類の Netsky ワームの亜種もくわえると、総活動は70%以上になるという。

青年 はすでに逮捕されているが、ウイルスの蔓延は続いている。同社では、仲間の大学生数名が、ウイルスの作成、配布を援助した疑いで告発される可能性があるとしている。

(Security NEXT - 2004/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県