Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、ウイルス駆除の新サービスを開始

大塚商会は、企業のコンピュータに対して、ウイルス駆除などの緊急対応を行う新サービス「ウイルス・スパイウェア駆除119」を8月16日より開始すると発表した。

同サービスでは、ウイルスやスパイウェアの被害を受けた企業に対し、同社の最寄りの拠点より、ウイルス対策技術者資格を持ったエンジニアを派遣。ワクチンエンジン、最新パターンファイル、駆除および復旧ツールなどのワクチンセットによって駆除を行い、ネットワークを早期に復旧する。

価格は、1クライアントあたり5000円。最低5万円から。

(Security NEXT - 2004/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、APAC初「エクスペリエンスセンター」を開設
「NIST SP800-171」準拠の支援サービス - ニュートン
英会話教室でメール誤送信、保護者のメアドなど流出 - 東京ガイダンス
政府「クラウド安全性評価」の取りまとめ案で意見募集
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
「VMware ESXi」「Horizon DaaS」に深刻なRCE脆弱性
ネットバンク不正送金が3.6倍に - 個人での被害目立つ
「JNSA賞」の受賞者を発表 - 特別賞に「nao_sec」
「Photoshop CC」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートを
認証システム「Athenz」に脆弱性 - アップデートがリリース