Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、ウイルス駆除の新サービスを開始

大塚商会は、企業のコンピュータに対して、ウイルス駆除などの緊急対応を行う新サービス「ウイルス・スパイウェア駆除119」を8月16日より開始すると発表した。

同サービスでは、ウイルスやスパイウェアの被害を受けた企業に対し、同社の最寄りの拠点より、ウイルス対策技術者資格を持ったエンジニアを派遣。ワクチンエンジン、最新パターンファイル、駆除および復旧ツールなどのワクチンセットによって駆除を行い、ネットワークを早期に復旧する。

価格は、1クライアントあたり5000円。最低5万円から。

(Security NEXT - 2004/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ