Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSATとNTTコム、衛星経由でセキュリティパッチを配信

JSATとエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズは、セキュリティパッチなどを衛星回線経由で配信する「サイバーセキュリティネットサービス(仮称)」を、2004年12月より試験的に開始すると発表した。

同サービスは、企業ユーザーを対象に、衛星回線経由でウイルス定義ファイルやセキュリティパッチを配信する。インターネット網から隔離された回線を利用するため、混雑時にも迅速な対応が行える。

2004年12月1日から2005年3月31日まで試験的に実施する予定。その後は検証結果を踏まえて、速やかに本格的なサービス提供を開始するとしている。

(Security NEXT - 2004/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も