Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSATとNTTコム、衛星経由でセキュリティパッチを配信

JSATとエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズは、セキュリティパッチなどを衛星回線経由で配信する「サイバーセキュリティネットサービス(仮称)」を、2004年12月より試験的に開始すると発表した。

同サービスは、企業ユーザーを対象に、衛星回線経由でウイルス定義ファイルやセキュリティパッチを配信する。インターネット網から隔離された回線を利用するため、混雑時にも迅速な対応が行える。

2004年12月1日から2005年3月31日まで試験的に実施する予定。その後は検証結果を踏まえて、速やかに本格的なサービス提供を開始するとしている。

(Security NEXT - 2004/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
緊急事態宣言後、テレワークで8割がVPN利用、半数以上で遅延
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ