Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAと警察庁がIEの脆弱性を警告

マイクロソフトはIEの深刻な脆弱性を解消する7月31日にセキュリティパッチをリリースしているが、同脆弱性について情報処理推進機構や警察庁も修正プログラムを適用するよう警告を発している。

今回発見された脆弱性は、「ナビゲーション メソッドのクロス ドメインの脆弱性」「不正な BMP ファイルのバッファ オーバーランの脆弱性」「不正な GIF ファイルのダブル フリーの脆弱性」。Internet Explorer 5.01や同5.5SP2、同6に影響がある。

(Security NEXT - 2004/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など