Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAと警察庁がIEの脆弱性を警告

マイクロソフトはIEの深刻な脆弱性を解消する7月31日にセキュリティパッチをリリースしているが、同脆弱性について情報処理推進機構や警察庁も修正プログラムを適用するよう警告を発している。

今回発見された脆弱性は、「ナビゲーション メソッドのクロス ドメインの脆弱性」「不正な BMP ファイルのバッファ オーバーランの脆弱性」「不正な GIF ファイルのダブル フリーの脆弱性」。Internet Explorer 5.01や同5.5SP2、同6に影響がある。

(Security NEXT - 2004/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性