Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡銀行が個人情報を紛失

静岡銀行は7月28日、車上荒らしの被害に遭い、同行顧客の個人情報を紛失したと発表した。

同行員が帰宅途中に私用かばんを紛失したもので、かばんには外務活動に使用する「訪問計画表」が含まれていた。

資料には、静岡市池田支店におけるお取引先57先の「お取引先名」「お客さま番号」が記載されていた。住所や、電話番号、口座番号、預金・貸出金残高などは含まれていない。同行では、不正利用の心配はないとしている。

同行ではさらに同日、静岡市税納入済通知書および静岡県税納入済通知書を紛失したと発表した。

静銀ビジネスクリエイト株式会社の物流センターへの搬送途上に紛失したもので、市税納入済通知は27名分58通、県税納入済通知書は10名分17通、合計37 名分の個人情報が含まれる。

搬送を担当した日本通運静岡警送支店より静岡南警察署に遺失物届を提出、現在紛失原因の調査および紛失物の捜索を実施している。

(Security NEXT - 2004/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開