Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡銀行が個人情報を紛失

静岡銀行は7月28日、車上荒らしの被害に遭い、同行顧客の個人情報を紛失したと発表した。

同行員が帰宅途中に私用かばんを紛失したもので、かばんには外務活動に使用する「訪問計画表」が含まれていた。

資料には、静岡市池田支店におけるお取引先57先の「お取引先名」「お客さま番号」が記載されていた。住所や、電話番号、口座番号、預金・貸出金残高などは含まれていない。同行では、不正利用の心配はないとしている。

同行ではさらに同日、静岡市税納入済通知書および静岡県税納入済通知書を紛失したと発表した。

静銀ビジネスクリエイト株式会社の物流センターへの搬送途上に紛失したもので、市税納入済通知は27名分58通、県税納入済通知書は10名分17通、合計37 名分の個人情報が含まれる。

搬送を担当した日本通運静岡警送支店より静岡南警察署に遺失物届を提出、現在紛失原因の調査および紛失物の捜索を実施している。

(Security NEXT - 2004/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン