Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ディーシーカード、顧客情報流出の可能性

ディーシーカードは、同社顧客の個人情報が外部へ流出した可能性があると発表した。

同社発表によれば、同社の顧客リストとされる情報を外部より入手し、調査したところすべてが同社顧客と一致したという。同社では流出の可能性が高いとして警察へ通報し、調査対策チームを設置した。今後は他の顧客情報を含め、事態解明に向け調査を実施するとしている。

34名の顧客情報が含まれ、氏名、性別、生年月日、郵便番号、住所、電話番号が含まれる。カード番号や有効期限は含まれていない。

(Security NEXT - 2004/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ人材のキャリアパスや処遇改善など検討する「JTAG」 - 発起人会が発足
病院や施設など24サイトが改ざん - 北海道の医療法人
「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
ALSI、夏休み限定でフィリタリングソフトを無償提供
2017年2Qの脆弱性登録は3511件 - 制御システム関連は上半期に67件
2件の脆弱性を解消した「Joomla! 3.7.4」がリリース - 複数バグにも対応
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 顧客情報含むサーバへ不正アクセス