Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性情報を管理するためのガイドライン

情報処理推進機構(IPA)、 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)、電子情報技術産業協会(JEITA)、情報サービス産業協会(JISA)、日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会(JPSA)、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、7月8日「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」を公表した。

同ガイドラインは、経済産業省告示「ソフトウエア等脆弱性関連情報取扱基準」が本年7月7日に制定され、IPA及びJPCERT/CCが本日から脆弱性関連情報の取扱い業務を開始することを受け、制作されたもの。

不正アクセス、コンピュータウイルスなどによる被害抑制を目的にしており、ソフトウエアやウェブアプリケーションにおける脆弱性関連情報について、関係業界に推奨する取り扱い方法が示されている。

(Security NEXT - 2004/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社