Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性情報を管理するためのガイドライン

情報処理推進機構(IPA)、 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)、電子情報技術産業協会(JEITA)、情報サービス産業協会(JISA)、日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会(JPSA)、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、7月8日「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」を公表した。

同ガイドラインは、経済産業省告示「ソフトウエア等脆弱性関連情報取扱基準」が本年7月7日に制定され、IPA及びJPCERT/CCが本日から脆弱性関連情報の取扱い業務を開始することを受け、制作されたもの。

不正アクセス、コンピュータウイルスなどによる被害抑制を目的にしており、ソフトウエアやウェブアプリケーションにおける脆弱性関連情報について、関係業界に推奨する取り扱い方法が示されている。

(Security NEXT - 2004/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン