Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC操作情報をすべて記録、情報漏洩抑止ソフト

エンカレッジ・テクノロジは、PCの画面、キーボード、内部動作をすべて記録し、異常を検知するソフトウェア「ESS REC」を発売する。

同ソフトは、「画面に表示される文字列」「キーボードの入力パターン」「プロセスの起動」「ファイルアクセス」「リムーバブルディスクの追加」などを検知に利用しており、「画面の連続画像」「プロセスの動作状態」「キーボード操作の全てのキーアップ」「キーダウン情報」「ネットワーク通信ポート(TCP/UDP)の接続状態」「リムーバブルドライブの状態」「USBデバイスの状態」が記録される。

また同社によれば、記録されたデータは、低容量であり暗号化が行われる。また、デジタル署名が付与され、証跡保全能力を備えており、監査や裁判に利用できるとしている。

(Security NEXT - 2004/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン