Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2004年上半期のウイルス届出は昨年度の3倍

情報処理推進機構(IPA)は、2004年上半期のウイルス届出状況を発表した。

上半期の届出件数は2万1957件で、前年同期7366件に比べ約3倍に跳ね上がった。また、上半期の段階ですでに2003年の年間届出件数17425件を超える結果となった。また、6月の届出件数は、5422件で、前月と同様の高水準だった。

増加の原因は、「W32/Bagle」「W32/Mydoom」「W32/Netsky」で、3種類の届出が全体の半数以上を占めている。

(Security NEXT - 2004/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
ネット上行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県
ブロッコリー通販サイトでアクセス障害 - ツールによる大量アクセスで
コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ