Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホームページを見ただけで感染 - 新種ウイルスが登場

米国のウイルス専門家などは、ホームページを閲覧しただけで感染するウイルスについて警戒を呼びかけている。

問題となるウイルスは、「ダウンロード・ジェクト」や「スコップ」と呼ばれ、マイクロソフトのWindows向けブラウザ「Internet Explorer」の脆弱性により、ホームページを閲覧しただけでも感染する可能性があるという。

専門家の話では、感染すると、パソコン上で入力した個人情報などを盗み取ることが可能となるといい、米国では実際に被害が確認されているという。現在、マイクロソフトから修正パッチなどは提供されていない。

(Security NEXT - 2004/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも