Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中央三井信託銀、顧客の個人情報を紛失

中央三井信託銀行は、同行委託社員が顧客情報を含む資料を紛失したと発表した。

紛失した資料には、493名分の住所、氏名、電話番号、預金残高といった個人情報が含まれていた。紛失場所、紛失時間などは特定されていない。同行では該当顧客に事情を説明し、謝罪している。現時点で不正使用などは行われていないという。

(Security NEXT - 2004/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
メルアカ乗っ取りで迷惑メールの踏み台に - 日ポリ化工
フルリゾルバ「Unbound」に任意のコードを実行されるおそれ
ニュースメール誤送信で会員のメアド流出 - 日本診療放射線技師連盟
誤送信で講習会申込者のメアド流出 - 兵庫県作業療法士会
IoTセキュリティのスタートアップを買収 - チェック・ポイント
偽金融取引ソフトに注意 - macOSもターゲットに
「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に