Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSN、セキュリティアラートサービスを開始

マイクロソフトは、同社が運営するインターネットサービス「MSN」において、セキュリティ情報サービス「MSN アラート」の提供を開始した。

同サービスは、MSNメッセンジャーやWindows Messenger、MSN Hotmailなどの電子メールを利用し、マイクロソフトが提供するコンテンツを、タイムリーに配信するサービス。ウイルスや更新プログラム情報を提供する「コンピュータ・アラート」のほか、「天気アラート」「路線アラート」「エンターテイメント アラート」を配信する。

また、MSN メッセンジャーおよびWindows Messengerを起動している場合、デスクトップにポップアップでメッセージが表示される。

(Security NEXT - 2004/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ColdFusion 2018」に権限昇格の脆弱性
MS月例パッチが公開、脆弱性33件を修正 - 一部ですでに悪用も
「Windows」ゼロデイ脆弱性、「Chrome」狙う水飲み場攻撃で悪用
「Adobe Acrobat/Reader」に複数の深刻な脆弱性 - 更新リリース
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
研修申込者の個人情報が閲覧可能に - 神奈川県理学療法士会
ブラウザ「Kinza」にXSS脆弱性 - 更新がリリース
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
都内で「制御システムセキュリティカンファレンス」を開催
OpenSSLに重要度「低」の脆弱性 - 更新用意なし