Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策が施されていない無線LANから不正アクセス

高千穂大学の大学職員が同学のシステムへ不正アクセスした事件で、同職員はセキュリティ対策が行われていない他人の無線LANを経由し、アクセスしていたことが警視庁の調べでわかった。

通常、無線LANはセキュリティを設定し、特定のユーザーのみアクセスできるよう設定することがセキュリティ上重要とされているが、一方でセキュリティ対策を行っていないネットワークも数多く存在している。同職員は、それらネットワークを物色、不正アクセスに利用していたと見られる。

無線LANを利用された男性は、事情聴取に対し「身に覚えがない」と主張。その後の調べで、逮捕されている男性が同男性の無線LANを中継点として大学にアクセスしていたことが明らかになった。

(Security NEXT - 2004/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避