Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例アップデートを提供

マイクロソフトは、6月の月例修正プログラムを公開した。Windows Updateよりアップデートできる。

今回の月例アップデートでは、DirectXの脆弱性を回避するもの。アップデートを行わないとネットワークゲームが停止するといった不具合が発生するという。

同社では深刻度を「警告レベル」としていた。Windows 98以降のOSに影響があるが、サポートが終了しているため、Window 98/MEには修正プログラムは提供されない。

(Security NEXT - 2004/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介