Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例アップデートを提供

マイクロソフトは、6月の月例修正プログラムを公開した。Windows Updateよりアップデートできる。

今回の月例アップデートでは、DirectXの脆弱性を回避するもの。アップデートを行わないとネットワークゲームが停止するといった不具合が発生するという。

同社では深刻度を「警告レベル」としていた。Windows 98以降のOSに影響があるが、サポートが終了しているため、Window 98/MEには修正プログラムは提供されない。

(Security NEXT - 2004/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性
コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
アーカイバ「Explzh」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都