Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自転車メーカー「ツノダ」の顧客メールアドレスが流出

自転車メーカーツノダの顧客電子メールアドレス、約16000件の流出が明らかになった。

流出したのはメールマガジン登録者のメールアドレスの一部。登録していたユーザーに対し、改ざんメールが送信され、問題が発覚した。改ざんメールに記されたURLへアクセスした場合、ウイルスに感染する危険性もある。

また、改ざんメールのヘッダには数百名分のメールアドレスが含まれており、二次被害の発生が心配される。ツノダではメールを送付したユーザーに対し謝罪のメールを送信、現在原因を調査しているという。

(Security NEXT - 2004/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ