Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

増加するネット上での金融取引 - 不安は個人情報の流出

インフォシークと三菱総合研究所は、「第3回ブロードバンド利用者調査」を実施し、インターネットによる金融取引に関する調査結果を発表した。

調査結果によれば、ネット利用者の約8割弱が金融取引を体験している。なかでも円預金は68.1%と高い割合を示した。クレジットカードによる取引は37.1%、株式取引は15.3%となっている(ただし、いずれも利用していないとの回答(24.5%)のうち、半数は10代によるもの)。

インターネット専業銀行を活用するという声も多く、インターネットによる利便性や金利、手数料といった回答が多かったが、一方、インターネットによる取引を避けるユーザーの回答では、「窓口やATMの方が信頼できる」との回答が5割強に上った。

インターネットを通じた金融取引に対する不安としては、「個人情報の流出」が最も高く、取引経験者であっても7割以上が不安に感じている。取引経験がないユーザーにおいては8割以上のユーザーが不安と答えている。

また、「第三者による悪用」や、「不正アクセスによる意図しない取引」「操作ミス」「第三者による改ざん」「システム障害」など、インターネットやコンピュータ特有の不安が浮き彫りとなった。

(Security NEXT - 2004/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定