Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、地方公共団体におけるセキュリティポリシーの策定状況を発表

総務省は、地方公共団体における情報セキュリティポリシーの策定状況を発表した。

発表によれば、市区町村の導入状況は、2004年1月から4月にかけて56.3%から74.4%へと大幅に増加。また、個人情報保護条例は、82.0%)が制定済みとなっている。

都道府県の策定状況は2004年1月時点で97.9%に達しており、以後横ばいとなっている。なお、個人情報保護条例は全7団体が制定を終えている。

総務省は、電子自治体の構築において情報セキュリティ対策の徹底が不可欠としており、すべての地方公共団体において情報セキュリティポリシーの策定と個人情報保護条例の制定を促進したいとしている。

(Security NEXT - 2004/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町