Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、地方公共団体におけるセキュリティポリシーの策定状況を発表

総務省は、地方公共団体における情報セキュリティポリシーの策定状況を発表した。

発表によれば、市区町村の導入状況は、2004年1月から4月にかけて56.3%から74.4%へと大幅に増加。また、個人情報保護条例は、82.0%)が制定済みとなっている。

都道府県の策定状況は2004年1月時点で97.9%に達しており、以後横ばいとなっている。なお、個人情報保護条例は全7団体が制定を終えている。

総務省は、電子自治体の構築において情報セキュリティ対策の徹底が不可欠としており、すべての地方公共団体において情報セキュリティポリシーの策定と個人情報保護条例の制定を促進したいとしている。

(Security NEXT - 2004/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ