Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化と認証機能を備えたセキュリティツール「QuasarUnit USB」

「QuasarUnit USB」には、ユニークな認証キーと専用プログラムが内蔵され、ファイルの暗号化および復号化が行える。ハードウェアによる認証のため専用アプリケーションや専用サーバの導入などは不要で、PCに差し込むだけで利用可能だ。

暗号化は、「QuasarUnit USB」に割り振られた「認証キー」とパスワードにより、二重のロックがかけられる。「QuasarUnit USB」に与えられた認証キーは、一台一台固有の値であり、暗号化の際に指定した「QuasarUnit USB」でしか復号化を行うことができない。また、パスワードによるロックが可能であり、万が一「QuasarUnit USB」を紛失したり、盗難された場合も情報の流出を阻止できる。

米国防省の暗号基準 FIPS-140レベル4基準をクリアしており、高い機密性を実現。また、高速動作が大きな特徴で、1Mバイトを約1秒で暗号化できる。容量も元ファイルと同程度だ。さらに、指定フォルダ内のファイル暗号化や、時間指定による作業など、バッチ処理に対応している。

サイズは最近ブレイクしている「USBメモリ」と同程度。ワイシャツの胸ポケットにすっぽり収まる。また実際にUSBメモリ機能も搭載しており、暗号化したファイルをそのまま保存し、持ち運ぶことも可能だ。

(Security NEXT - 2004/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大