Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

納税通知書により個人情報が流出 - 仙台市

仙台市が、2004年度の固定資産税納税通知書を製本する際、誤った内容の通知書34通を作成、市内の納税者に発送していたことが明らかになった。

システムを再稼働した際にズレが発生したために起きた事故で、7日に宮城野区役所が納税者に発送していた。9日に納税者から「自分の資産ではない記載がある」と連絡があり、ミスが発覚した。仙台市は、誤って送付した納税者全員に連絡し、回収、正規の通知書を交付している。

(Security NEXT - 2004/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、「Java SE」の最新版をリリース - 脆弱性20件に対処
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
「sudo」に権限設定バイパスのおそれ - rootでコマンド実行可能に
Adobe、「AEM」「Download Manager」に脆弱性 - 定例外パッチ公開
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
「東北文化の日」の旧ドメインを第三者が取得 - マルウェア配布に利用か
イベント告知メール誤送信 - 物質・材料研究機構
ユーザーID含む内部資料を誤ってネット公開 - Ameba
「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」の定例外更新 - まもなく公開予定