Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、ウイルスと不正アクセスの届け出状況を発表、大幅に増加し過去最悪

情報処理推進機構(IPA)は、2004年3月のコンピュータウイルス、および不正アクセスの届出状況を発表した。

発表によれば、3月の届出件数は4012件。2月の1733件を大幅に上回り、過去最悪となった。今回の発表において、「W32/Netskyウイルス」が1795件と目立っており、続いてW32/Mydoom 479件、W32/Klez 346件となっている。

「Netsky.Q」は、メールの添付ファイルを介して感染が拡大する。パソコン内に存在するアドレスへウイルスメールを送信するほか、特定サイトへのDoS攻撃するといった症状を示す。

今回は、「最新版のワクチンソフトを利用していたにもかかわらず感染した」との報告が多数寄せられており、ワクチンソフト導入を過信せず身に覚えのないメールは開かずに削除するようIPAでは訴えている。

3月の不正アクセスに関しても、57件と2月の37件から大幅に増加。被害届出件数は8件(侵入7件、メール不正中継1件)。

(Security NEXT - 2004/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意